エニアグラム

ストレスと性格特性
人は日常生活においても、体内・体外の両面から常に様々なストレスを受けています。
しかし、その受けるストレスの種類、受けたときの影響、ストレス解消の効率性は多種多様であり、
実は、その人の性格特性に大きく左右されているものです。
したがって、その人の性格特性を調べれば、受けやすいストレスの種類、受けたときの反応、溜まったストレスの効率的な解消法などがある程度見極められることになります。

コミュニケーション力と性格特性

ストレスと性格特性同様に、現代社会で最も重要となっているコミュニケーション力についても、やはり性格特性が大きく関与しています。
したがって、自分の性格特性がどのようなものであるか知るとともに(「自己理解」)、他にどのような特性をもった人がいるのかを理解すること(「他者理解」)により、円滑な人間関係を構築するコミュニケーション力は飛躍的にUPします。

性格のグループ化-性格類型論

「十人十色」と言われる人の性格ですが、このままだと、例えば日本人約1億2,000万人が(当たり前ですが)それぞれ異なる性格であり、約1億2,000万種類の性格があることになります。
しかし、これだと捉えどころが無く、「ある人」を理解しようとしてもその性格特性を図り知ることが難しくなります。
そこで、何らかの根拠に基づいて性格をグループ分けすることで、それぞれの特徴に着目して理解を深めようとしたのが「性格類型論」と呼ばれる学問です。
当社ではいくつかある「性格類型論」のなかから、「人の価値観や考え方、行動規範を形づくっている性格の根っこ(根元的欲求)には9つのタイプがある」という仮説から成っている「エニアグラム」を選択し、その習得に努めてきました。
その結果、当社代表は日本エニアグラム学会から「認定アドバイザー」を付与されており、コミュニケーション力UPを始め、人間関係改善、就職支援、ストレスマネジメントなど様々な場面で「エニアグラム」の活用を進めてきました。

エニアグラムとは

1950年代にボリビア生まれのオスカー・イチャーゾが性格類型学としてまとめたものが元となっています。
イチャーゾからそれらを伝えられた精神医学者クラウディオ・ナランホが1970年代「自己知のための心理学」としてアメリカの心理学者や精神医学者たちに紹介したことをきっかけに、科学的に研究し、検証するなど拡がりを見せはじめました。
後にスタンフォード大学で体系化され、経営学修士資格取得の科目にも導入されました。スイスの精神科医カール・ユングが唱えた集合無意識の概念に通じるものがあるとして比較研究もされています。
日本では1988年にパトリック・オリアリー著「エニアグラム入門」の訳書が出版され、翌年、日本エニアグラム学会が発足しました。
日本でも、人間を理解することに効果的であるとして、教育者、弁護士、医師、心理療法に携わる人たちのほか、大手企業の研修にも導入され、近年ではキャリア・カウンセラーの講座にも取り上げられるなど、年々学ぶ人が増えてきています。(日本エニアグラム学会より)

自分を理解するための地図

エニアグラムは、本来の自分と出会い、自分の中の最高の価値を発見し、それを活かしていくための地図に例えられます。旅をするときに地図があれば、どこに興味深いものがあるのか、どこに危険な場所があるのかが分かります。このような地図の働きに似て、エニアグラムは人間の内面がどういう仕組みになっているのかを解き明かします。
自分が今どこにいて、どこへ向かおうとしているのか、自己認識と将来への見通しをもつ智慧と力がもたらされます。(日本エニアグラム学会より)

行動の奥深くにある動機を探る

誰でも同じような行動をしますが、なぜそうするのかという心の奥深くにある動機、つまり、何を感じ、何を考えているかは全員が同じというわけではありません。表面は同じように行動しながらも、その行動へと突き動かすものは人により異なります。
日頃、何気なくしている自分の行動を観察することを続けると、自分を駆り立てるものがつかめてきます。それによって本来の自分が分かり、本質を発見できるようになります。(日本エニアグラム学会より)

他人のタイプが分かり認め合う

「自分を知った分だけ他の人が分かる」という言葉があります。
自分を理解できた程度に応じて、他人が理解でき、自分を受け入れた分だけ、他人を受け入れられるというのが、エニアグラムが考える人間関係です。
タイプが分かると、それぞれの価値観や人への反応の仕方などが明らかになり、自分と異なる考え方を認めやすくなります。他の人には自分には真似のできない独特の個性があると理解できれば、ひとり一人が自分の良さを十分に発揮して生きれば良いと分かってきます。
違いを認め、生かしあい、それぞれの良さを出し合って協力していくことによって、違いは豊かさになり、より幸せな人生へとつながります。(日本エニアグラム学会より)

9つのタイプ

エニアグラムでは性格タイプを9種類に分類しています。そして9つのタイプはそれぞれが異なる特徴をもっています。
エニアグラムのタイプはどのタイプが優れているとか、劣っている、または良い悪いなどの区別はありません。
全てのタイプの一人ひとりが、かけがえのない大切な存在です。
そのため、優劣も善悪も無い数字で呼ぶのが基本で、名称は分かりやすさのためにつけてあります。(日本エニアグラム学会より)

サブコンテンツ

このページの先頭へ